物流業界の変遷

物流の未来はどうなるのか、過去と現状そして問題点を考える

おすすめリンク

2019年に向けて年賀状を作成

初心者でも簡単に出来る年賀状作成ソフト!2019年亥年向けのデザインが数多く揃っています!

物流が日本の経済発展を支えていた

この記事を作成するにあたり、物流業界とはなんぞやと思い、様々な事を調べて見ました。
この業界の専門家のどなたかが話していましたが、「基本的に物流業界について、一般の方は詳しく知る機会もないし、知らないのが当然でしょう」とのこと。
今では日本全国、どの道路を走っていても何らかの運送業のトラックを見かけますし、遠くの線路をぼんやり眺めていても、長く連なった貨物列車を毎日のように見かけます。
当たり前のように私たちの生活に密着している物流業界ですが、驚くような歴史的な事から、悩ましい現状まで、少しでも皆さんに知って頂けたらと思い、奥深い業界の、入り口部分についてまとめてみました。

現在の日本の経済発展の状況を支えていたのは、物流業界でした。
原材料を制作現場に運ぶ、制作された物品を梱包し運ぶ、またその製品を保管するなど、この業界の役割は華やかではないけれど、重要な部分を担っています。
縁の下の力持ちとも言える、大切で多種多様な仕事を請け負っています。
この一連の流れが滞ったり、流通の速度が遅ければ、今のような経済大国日本はなかったでしょう。
また、インターネットショッピングが当たり前になった現在、一昔前とは少々違う物流の需要が高まっています。
しかも、日本の宅配業のサービスは非常に高レベル。
遅配、間違い、紛失等はあまり聞かれたことがありません。
加えて、不在の際には再配達までしてくれます。
(この部分は、悩ましい事にもなっていますが。)
これが、常に当たり前の世の中で生活している私たちは、少しこの世界について知り、いつも言われているこの業界の人手不足の解消につながる自分たちに出来ることを考えてみることも必要なのではないでしょうか。

是非、この業界を知って、今後のニュースも関心を持ってご覧になって見てはいかがでしょう。

奥深く興味深い物流業界の昨今

人手不足などが注目されている物流とりわけ運搬業の世界ですが、この業界がなかったら、現在の経済大国日本はあり得なかったのではないでしょうか。 適切な場所へ運搬する、安全に保管しておく事が出来なければ、経済活動は循環せず、発展しなかったでしょう。 このページでは、物流業界の過去について簡単に紹介します。

何が問題なのか、物流業界

ニュースで話題になることの多い、物流業界。 良いことも悲しい現実も何かと取り上げられていますが、物流業界で、今、何が起きているのか少し考えてみたいと思います。 過去においては、経済発展の要であった部門作業であるのに、劇的に発展している、もしくは従事している方が満足しているとは言えない現状がありますね。

人手不足は人工知能等で全て網羅できるのか

人工知能の発展はめざましい成長です。 特に人手不足の分野への活用については、熱心に研究に取り組んでいますね。 この、物流業界でも機械化や人工知能等の活用について、ニュースでもたびたび耳にします。 この業界について、完全に人工知能での網羅が近年中に可能か否か、少し考えてみたいと思います。

PAGE TOP