物流の未来はどうなるのか、過去と現状そして問題点を考える

人手不足は人工知能等で全て網羅できるのか

人工知能の発達で人は不必要になるのか

最近よくニュースになるのが、人工知能が様々な産業の人手不足業界を助けるというもの。
では、この物流業界の人手不足も、人工知能で全て解決するのでしょうか。
無人の車で宅配が出来るかもしれない、といった可能性についても話題になりますが、どの程度まで網羅できるのでしょうか。

実際、人工知能の研究である程度の無人運送の可能性については、実現可能なレベルにまで達成していると思います。
更に、梱包作業についても一部の物品に関しては導入されており、そこにかかる人手を別な部分に回すことが出来るというニュースもありました。
しかし、全くの無人で梱包・配送が全国的に行えるレベルになるには、おおよそ20年以上かかるのではないか、という予想が出されています。
人工知能で可能な作業をし、細微な部分は人間が仕上げるという流れはまだ続きそうですね。

倉庫は保管場所ではなく多様な役割を担う

物流の拠点である物流センターは、非常に大切な役割を担うことになるでしょう。
物品の保管だけではなく、情報・仕分け・物品のピックアップ及び梱包など、多岐に渡り、経済活動の下支えである物流産業の更にその下の要となっていくでしょう。

現在でもそうですが、今後もこの業界に求められるのは、より早く・より正確に・より個別性を重視し、より安全に、物品全般を届けることだとしたら、その拠点の物流センターはこの業界の流れの大半を占める施設になることでしょう。
物流センターは交通網等も考えた場所で大型化が進み、オートメーションや人工知能も駆使しながら、フル稼働していく可能性がありますね。
新鮮な物は、より新鮮さを保持した状態での流通が当たり前のようになる時代が来るのではないでしょうか。


PAGE TOP